<< 広島までドライブ〜☆ | main | 【VIOLET M@IL VOL.#00185】 >>
すっかりハマってしまった! マカロン作り
PIERRE HERM�氏のレシピをもとにアレンジ
Macaron Th� Vert Maccha 黒豆入り


かれこれあれから2度程マカロン作りをし、すっかりマカロン作りにハマってしまったワタクシでございます。


マカロンキットのあと作った ほうじ茶味 の マカロン は、マカロナージュを若干し過ぎで生地がダレてしまい、薄っぺらいマカロンに仕上がりました。
ちゃんとピエ(生地の横にはみ出てるフリルのようになった部分)は出来ましたが、写真を写す程でもなかったのでサッサと私と家族の胃の中へ消えてしまいました〜。ほほほ〜♪

で、その次は、きなこ味 の マカロン。
これが、結構上手に仕上がりました! よっ、やるじゃん☆☆☆
が・・・、普通、こんなところで失敗しないだろ!って感じのガナッシュ作りに失敗し、サンドしたガナッシュが見窄らしいお姿に。(笑)
でも、一応記念写真をパチリ☆


きなこ味のMacaron


きなこ味 は、適当に製作したわりには美味しくは出来上がったのですが、きなこって言うよりピーナッツ味のように感じたので、次回はナシかな。。。


で、この週末は、ずっと作りたかった抹茶味 の マカロン に挑戦しました!
作る限りは、最高級のレシピを元にしたいと、ピエールエルメ氏のレシピ本をもとに、今回挑戦いたしましたっ☆

やっぱりピエールエルメ氏のマカロンは、美味しいんだものねーー。
他のお店の物もイロイロ食べて来ましたが、私の中のNo1は、やっぱりピエールエルメ氏のマカロン。
何て言うのか・・・、素材の味がしっかりしていてそれでいてお味が斬新でメリハリがあって、見た目も芸術的で美しい。
芸術的っていうか、まさしく芸術作品。。。。
この才能凄いなぁ〜って、思う訳なのでゴザイマス。
って、パティシエールでも、お菓子作りが特に好きな訳でない私にそんなこと言われたくないと思います・・・ハイ。(笑)

なんでも最高級のモノ・本物を見てから作りたいワタクシとしては、実は数ヶ月前に、ピエールエルメ氏がレシピ本を出版されていることを知り、どうせマカロン作りをするならピエールエルメ氏のレシピで作って探求してみたいと思い、ネットで買おうかなーっとつい最近まで眺めていたのでゴザイマス。
それを知って、親友のYちゃんが私のお誕生日プレゼントにピエールエルメ氏のマカロン本を贈ってくれ、今回はその本を見て初挑戦したのでゴザイマシタ。

有り難うね、Yちゃん☆


今回の抹茶のマカロンは、ピエールエルメ氏のレシピをもとにはしましたが、抹茶だけのMacaronのレシピはないので、その中からプレーンのマカロンコック(生地の部分)と、抹茶のガナッシュクリームを参考にしました〜。

これまでネットで色々とレシピを調べてフランスでの失敗を含めマカロンキット以外で3度作ってみて、ピエールエルメ氏のレシピと比べて驚いたことがっっっ!
ピエールエルメ氏のレシピ本をお持ちの方はきっとご存知でしょうが、多くのレシピには、マカロンコックの部分にもお色以外にも味をつけることが多いなか、ピエールエルメ氏は、お味はつけずにお色だけつけることが多いのです・・・。
それは、マカロンコックは歯触りを楽しみ、お味は素材を生かしたたっぷりのクリームで楽しんで味わって欲しいという考えから、マカロンコックにはお味をつけない事が多いそうな。。。
それを知るまで、ピエールエルメ氏のマカロンを食べても、マカロンコックにもお味がつけてあるとばかり思っていたので、そのことを知った時はかなり驚きましたーー!
もしかしてマカロンコック(生地の部分)にまでお味をつけるのは、殺し合いになってるのかも??っと、自分の作ったマカロンのお味とピエールエルメのマカロンと比べて、実際そう思うところもあったので、今回はマカロンコックは抹茶味はつけず、ピエールエルメ氏の教え通り(笑)プレーンのままにしてみました♪
お色をつけなかったのは、単にグリーンの着色料を買い忘れたので、今回は上から抹茶をふりかけ(青のりに見えなくもない??(汗))抹茶味だってことを微妙にアピールしてみました。←あんまりセンスないけど。。。(汗)

そしてもう1つ、これもピエールエルメ氏の本を見て知ったのですが、フランスには、着色料もグリーン1色とってもアニスグリーンだのピスタチオグリーンだのと微妙なお色が売っているんだとかっ!!!!
着色料を使うお菓子作りはしたことなかったから、知らなかったゾーー。
通りで、日本のそれのようにおバカなお色味でない(おっと失礼!)、微妙で深みのあるお色なんだな〜っと、ひたすら感心してしまいました!

やっぱりフランスは凄いっっっ。。。。。
だからマカロン1つとっても芸術的なのね。。。
他の材料はさておき、私はフランスの着色料が欲しいーーーーーーーーーーっ!!!!(笑)
普通、そんなもんより前にフランス産の××とか欲しいって思うって?! そりゃそ〜だッ!

今度フランスに帰った際は、絶対に着色料(全色??(笑))とエッセンスやローズシロップとか買ってやるぞーーーっと、心に決めたワタクシでございました!(笑)
だって、日本でいくら探しても、フランスの着色料なんて売ってないんし、エッセンス類も殆ど売ってないんだもんねーーー。

ほっ・ほっ・欲 す ぃ ぃ ぃ ぃ ーーーーーーーー っ !!



肝心の今回の出来とお味でございますが、ピエールエルメ氏のレシピのマカロン は、やっぱりとっても美味しかったですぅぅぅぅーーーーー。

中に挟むガナッシュが・・ガナッシュが・・・
濃 厚 で  
美 味 す ぃ ぃ ぃ ぃ ぃ ーーーーーーー っ!!!


24時間後〜が、マカロンコックにガナッシュの味も染み込み生地が落ち着いてきて美味しいのですが、24時間後に食べた時は、見た目はどうであれ(笑)味や生地感は、かなり高得点でゴザイマシタ☆
サクッ シトッって感じで(かなりピエールエルメのマカロンに似てました・・・ような気がする(笑))、生地にはガナッシュクリームが染みこみ始め、生地にお味がついていないことがウソのようにお口の中が抹茶のお味で包まれました☆
丹波産の黒豆の甘納豆をガナッシュクリームに一粒ずつ入れたのも味のアクセントになってとっても美味しかったです。


ってか、この挑戦回数でこの出来、私なかなかスゴくねぇ??って感じでございました。(笑)←懲りずに自画自賛!!


一応今回は、出来る限りピエールエルメ氏が使用されている材料を手に入れて作ったので、どう転んでも(笑)お味だけは美味しいはずなんですけどね。(笑)
マカロナージュ(空気を抜き、生地をなめらかにする作業)、乾燥時間にももちろん関係するようですが、焼く時の温度によってピエ(フリルの部分)の出方が違うようなので(今回同じ生地で、焼く温度を変えたらピエの出方が全然違ってビックリ!)、今度は横ピエが出るように励みます〜。(なんとなく焼き方のコツがわかったような・・・)

縦ピエより横ピエの方が可愛いんだもんーーーーっ。

焼き方が少し違うだけで生地の膨らみ方も全然違うし、勿論マカロナージュの仕方や乾燥時間で出来上がりが全然違うマカロンは、ほんと奥の深いお菓子だっ。
材料も、卵白・お砂糖・アーモンドプードルだけという(←マカロンコックに関して)、超シンプルで単純なだけに行程も少なく、失敗しても何がいけなかったのかっていう理由が見つけられやすいからハマってしまうのか、マカロン作りが楽しすぎて すっかりハマっているワタクシでございます。

特にお菓子作りが好きな訳ではないけど、マカロン作りは超楽しいかもっ!!
暫くマカロン日記続きそうです。。。。(笑)
↑もう飽きたなんて言わずに、暫くお付き合い下さいませ〜〜☆ ほほほ〜


カテゴリ:食 @ JP | 17:28 | - | -